2009年04月27日

遊びで過去問や模試を解く

宅建の勉強をしてるいると、
宅建試験ってどんな感じ
なんだろうと思うことがあると
思います。

そんな時は、過去問や模試を
遊びで1回解いてみるとよいです。

それは、宅建試験のイメージが
できるからです。

宅建試験のイメージがないまま
勉強するより、あったほうが
モチベーションが上がります。

ただ、今の時期はほとんど
解けないので、点数が低くても
気にしないで大丈夫なので
落ち込まないようにしましょう。

年落ちの過去問や模試を使用する
人は過去の法改正に気をつけましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

宅建の勉強で参考書を読むのが1回目より2回目の方が格段に理解できる

4月から宅建の勉強を始めた人は
そろそろ参考書を2回読み終わり
ましたでしょうか?

参考書を2回読むと1回目より
格段に理解できると思います。

さらに、難しい箇所を少しだけでも
絞れればベストです。

ただ、これはあくまで目安なので
全くわからなくても気にしないで
進みましょう。

年落ち参考書の場合は過去の法改正
をこの時期に勉強しておくことを
おすすめします。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

宅建の勉強は反復が大事

宅建の勉強は何度も書きますが
反復がとても大事です。

具体的にいうと、何回も参考書を
読んだり、過去問を解くことです。

逆に、参考書をじっくり読むことは
あまり効率がよくありません。

時間をかけて参考書を読むよりも
何回も参考書を読むほうが覚え
やすいと思います。

もちろん何回も繰り返し勉強して
いく中で重要なのに覚えにくい
箇所は時間をかけて勉強すべき
だと思います。

ですが、基本的にはなるべく難しい
箇所は飛ばして繰り返しを大事に
するほうがよいです。

法改正もちょっとでよいので繰り返し
勉強しましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

宅建の勉強を週1回休む

宅建の勉強を毎日仕事や家事と
両立してやっていくことはなかなか
大変だと思います。

そこで、前にも書きましたが、
私のおすすめとしては週に1回は
宅建の勉強を休みましょう。

たぶん、1日休んでも知識は何も
変わらないです。

むしろ、なぜか1日休んだほうが
よく覚えています。

また、ストレス発散やモチベーション
の低下を防ぐことができる等、
よいことのほうが多いと思います。

なので、宅建の勉強を週1回休む
ことをおすすめします。

その分、他のことでリフレッシュ
しましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

法令上の制限や税法その他は今まで通り頑張る

法令上の制限や税法その他ですが、
今年から宅建試験の配点が減りますが、
それでもまだ宅建試験に占める
割合は大きいです。

なので、今まで通り頑張りましょう。

この分野は難しいですが、過去問と
同じ選択肢が出題されやすいので
何回も過去問を解いて、参考書で
確認することを繰り返すことで対応
できると思います。

過去の法改正はなるべく早く確認
することをおすすめします。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

宅建試験の配点が変わっても動じない

今年から宅建業法の配点が増えた
ため、権利関係と宅建業法でかなりの
割合を占めます。

なので、普通に考えると合格ラインが
上ることが予想されます。

ただ、もしかしたら難易度が上がる
かもしれません。

いずれにしてもはっきりとしたこと
はわかりません。

ということは準備のしようが
ないのです。

なので、余計なことは考えずに
新しい情報が入るまで、今まで
考えてた通りの勉強を続けましょう。

なるべく早く過去の法改正を見ておく
ことをおすすめします。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

ちょっとした時間にした宅建の勉強は力になるか

ちょっとした時間にした宅建の勉強は
本当に力になっているかですが、
私は宅建の勉強の半分ぐらいは
ちょっとした時間にしたのですが、
とても力になったと思います。

というのは、参考書はほとんど
ちょっとした時間に読みましたので、
宅建の基本的な知識はちょっとした
時間につけることができました。

しかも、私の場合、時間が限られて
いる時に勉強したほうがすごく
集中できました。

そのおかげもあるかもしれません。

いずれにしても、ちょっとした時間
の宅建の勉強はとても力になると
思います。

法改正もちょっとした時間に勉強
することをおすすめします。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

過去問は参考書より集中できる

宅建の勉強をする時、私は参考書を
読むことはあまりハードルが高くない
のですが、過去問を解く時はちょっと
始めにくいことがありました。

理由は、面倒だと思ってしまう
からです。

参考書は自分の思った時間に終われ
ますが、過去問は1つの問題が終わら
ないと駄目です。

なので、過去の法改正はすぐ読める
と思うのでなるべく早く確認しましょう。

でも、実際始めてしまうと参考書
よりも過去問のほうが集中できました。

たぶん、問題を自分で考えて解く
ので集中しやすいからだと思います。

ということは、もちろん個人差は
ありますが参考書を読むのは始め
やすいけど飽きやすくて、過去問は
始めにくいけど集中しやすい傾向が
あると思います。

もし、過去問を解き始める時はこの
傾向を考えて、始めてしまえば集中
できると思ってやり始めましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

難しい箇所はとばす

宅建の勉強を4月から始めた人は
そろそろ参考書を1回は読み終えた
でしょうか?

あと、年落ちの参考書を使っている
人は過去の法改正を確認しました
でしょうか?

1回目はわからないことがほとんど
なので、読み終わるのは早いと
思います。

難しい箇所はどんどん飛ばして
読みましょう。

飛ばすことに慣れることで、
宅建試験でわからない問題に
時間をとられることを防ぐ
ことができます。

なので、日頃から難しい箇所は
飛ばすようにしましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

法令上の制限や税法その他の対策

法令上の制限や税法その他は
理解しにくいと思います。

というか、私も最後まで難し
かったです。

ですが、参考書の重要ポイントを
とりあえず覚えて過去問を解くと
なんとなく解るような気になって
いくと思います。

なんとなく解るようになれば、
参考書と過去問を繰り返し読んで
解くことで理解できるように
なると思います。

法改正はなるべく早く取り組む
ことをおすすめします。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

宅建の参考書を3回読んだ場合の目安

3月より前から宅建の勉強を
している人は権利関係と
宅建業法を少しでも理解
できるようになりました
でしょうか?

特に、権利関係は何回も参考書を
読むことが必要ですが、宅建業法は
暗記は別にして理解はしやすいと
思います。

もちろん、個人差がありますが
宅建の参考書を3回読む頃には
権利関係、宅建業法は暗記は
別にしてある程度理解できて
他の分野も大まかな概要が
わかればよいと思います。

年落ちの参考書を使っている人は
過去の法改正もある程度理解
できているとよいです。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

今から宅建を勉強するのがよい

今から宅建の勉強を始めても
遅くありません。

むしろ、あまりにも長く勉強して
集中力が切れることを考えると、
ちょうどよいぐらいだと思います。

もちろん、早く始めればそれだけ
余裕をもって勉強できますが、逆に
宅建試験までの期間が長すぎて
集中力が続かない場合があると
思います。

なので、今ぐらいから勉強を
始めるのがよいと思います。

年落ち参考書で勉強する人は
過去の法改正もチェックしな
ければいけないので少し早く
始めることができればベスト
です。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

暗記はちょっとした時間にする

宅建の勉強で暗記をしなければいけない
ことがたくさんありますが、暗記はなるべく
ちょっとした時間にしましょう。

まとまった時間があるときは参考書を
読み進めたり、過去問を解いたほうが
よいです。

過去の法改正もちょっとした時間に
勉強するのがよいと思います。

効率よく勉強しましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ

posted by 宅建初心者 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

宅建業法の問題数が増えたことに対する対策

今年からこの分野の問題数が増える
ので重要性が高くなります。

しかも、今まで他の分野に比べて
難易度が低かったので、このまま
でいくと平均点が上がると思います。

なので、宅建業法での取りこぼし
は致命的です。

宅建業法は宅建試験直前でも伸ばす
ことができますが、できれば過去問
を何回か解くぐらいまでには一通り
暗記できているとよいと思います。

年落ちの参考書を使っている人は
過去の法改正で取りこぼすのは
もったいないので確認して
おきましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

今の時期は権利関係をがんばる

今の時期は権利関係に力をいれる
ことをおすすめします。

それは、権利関係は理解するのに
時間がかかるのと、いったん覚えて
しまえば忘れにくいからです。

宅権業法は覚え易いのであとから
力をいれても十分間に合いますので
軽く読むだけでよいと思います。

ただ、全くしないのとちょっと
でも勉強するのは覚えるのに差が
でるので注意しましょう。

法令上の制限や税法その他は
難しいので過去問をやりながら
ではないと覚えれないと思うので
今は力をいれなくてもよいと
思います。

なので、今の時期は権利関係を
頑張りましょう。

あと、年落ち参考書を使っている
人は過去の法改正も確認して
おきましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

4月の宅建の勉強

4月になりました。

できれば、今ぐらいまでに宅建の
参考書を読み始めれば余裕を
もって勉強できると思います。

年度の新しい宅建の参考書も
でてきてるのでぜひ検討して
ください。

今月もやはり参考書を読むことが
大事です。

ですが、もう何回も読んでいて
飽きてきた人は過去問を解いても
よいです。

その場合も別の時間に参考書は
読み続けましょう。

過去問は選択肢1つ1つを問題だと
思って解いていって、必ず1回目は
解説を確認してそれでも不十分な
場合は参考書でも確認します。

それは、もし正解していても実際は
理解していないかもしれないからです。

ただ、今の時期はまだ参考書を
読むのを中心に勉強しましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

宅建の参考書を読むのが大事

今日で3月も終わりですが、宅建の
参考書を何回か読めたでしょうか?

3回読めればかなりよいと思います。

年落ち参考書を使っている人は
過去の法改正を確認していれば
さらによいです。

もちろん1回でも十分です。

とにかく今は何回も参考書を読んで、
だいたいの内容をつかむことが大事です。

何度も書いていますが、難しい部分
は飛ばしてどんどん進みましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

付箋が多くても気にしない

宅建の参考書を読んで難しい
部分には付箋を付けていきました
が私の場合約50枚貼ることに
なりました。

もちろん、法改正も付箋を貼って
いましたが、あまりの多さに
本当に大丈夫かなと、とても
不安になりました。

でも、参考書を3回読む頃には
20枚ぐらいになって、過去問
を2回解いた時には10枚ぐらい
に減りました。

なので、最初難しい部分が多くても
気にしないで頑張りましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ


posted by 宅建初心者 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

税法はとても難しい

税法は参考書を何回も読んでも
なかなか覚えれません。

難易度は私の中では一番難しかった
です。

そのため、過去問を解きながら
参考書で復習することを繰り返す
ことが大事です。

なので、宅建の勉強の初期は
覚えれなくても気にしないで
よいと思います。

ただ、年落ちの参考書を使っている
人は過去の法改正を確認しておいた
ほうがよいです。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

他の宅建の参考書がよく見える

何回か宅建の参考書を読んでいると、
他の参考書はどうなんだろうと
思うことがあると思います。

ですが、500ページぐらいの参考書
であれば、どれも合格するのに
十分な内容も量もあるので自信を
持ちましょう。

一番駄目なのは途中で参考書を
変えることです。

参考書を変えることで、また違う
方法で覚え直さないといけません。

これは非常に時間がもったいないです。

確かに、他の参考書がよく見える
気持ちはわかりますが、ここは
我慢して1つの参考書を使い
続けましょう。

特に年落ちの参考書で勉強している
人は他の参考書がよく見えるので
注意しましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年落ち参考書での勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。