2009年04月25日

今は宅建の年落ち参考書購入のチャンス

そろそろ、宅建の参考書を準備したい
時期だと思います。

年落ちの宅建参考書の購入を考えて
いる人は、今多くの宅建参考書の古本
が出てきているのでチャンスだと
思います。

それは、今年の初めに宅建参考書を
購入した人が宅建の勉強をしなくなったり、
宅建参考書が自分に合わなかったため
に売っているからだと思います。

この時期を逃すと、宅建の勉強をやめて
売る人はいると思いますが、参考書を
変える人は減っていくと思うので、
今の時期がおすすめだと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

宅建の参考書の状態が悪くてもよい

宅建の年落ち参考書を選ぶとき
同じ年落ちであっても状態が
悪い本は安いです。

正直、少々汚れていたり、ライン
が引いてあってもほとんど問題
ありません。

それであれば、同じ年落ちで
価格の安い参考書を買ったほうが
よいと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by 宅建初心者 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

参考書選びの理想

参考書選びの理想としては、基本書は
よいのを選びたいです。

理由としては、基本書は独学では一番
信頼しなければいけないからです。

逆に、過去問は問題自体は過去問なので
同じですので基本書ほどこだわる必要は
ないかもしれません。

ただ、自分で価格も含めて納得して
買うことがモチベーションを高く
保つのに1番大事だと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ

ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

らくらく宅建塾と出る順宅建の比較

らくらく宅建塾出る順宅建ですが、
どちらもすばらしい内容の参考書だと
思います。

共通して内容がよくまとまっているのと
図が多いためわかりやすいです。

また、語呂合わせがあるため、暗記に
便利です。

ただ、参考書としては全く逆です。

まず、らくらく宅建塾ですが、内容を試験で
よく出題される部分に絞っていて、説明も
簡単な言葉で書いてあるため、初めて宅建
の勉強をする人でも無理なく始められます。

また、比較表が多くあるので
イメージしやすいです。

次に、出る順宅建ですが、3冊あることで
内容量がとても多いです。

しかも、とても詳しく書いてあるのですが
説明が工夫してあったり、図が多くある
ため理解しやすいです。

まとめると、らくらく宅建塾は初めて向きで
内容をイメージしやすいのでとても
入りやすいと思います。

それに対し出る順宅建は、内容が詳しく書いて
あるのにとてもわかりやすいと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ







ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

20年度の参考書が安い

最近、安い20年度の宅建の年落ち参考書
をよくみかけます。

1000円を切っている参考書がちらほら
出てくるようになりました。

ただ、古本屋によっては定価の半額と
決まっているところもあります。

アマゾンでは氷見敏明の楽学宅建
が2/22現在では安いと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ






posted by 宅建初心者 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

年度の新しい参考書を選ぶ

私が参考書を選ぶ基準としては
まず、年度が新しいことを条件
にします。

やはり、なるべく年度が新しい
ほうが法改正等に対応しやすい
のでよいと思います。

もちろん、内容もチェックしますが
常にあるわけではないのである程度
しっかりした参考書であれば即買って
しまうと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ



posted by 宅建初心者 at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

時間がない人向けの参考書と過去問

宅建の試験を受ける人の中には
勉強する時間がほとんど取れない
人が多くいると思います。

そのような人には基本書では要点
を絞って、解り易い言い方で書かれ
ている一発合格 らくらく宅建塾
氷見敏明の楽学宅建をおすすめします。

また、過去問としては本当は問題数が
多い方がよいのですが、時間をかけない
ようにするためによく出題される問題だけ
に絞ってあり、解説がしっかりしている
楽学宅建過去問ドリルをおすすめ
します。

少し問題数が少ないですが、重要な問題
が多くあるので山がはずれることが比較的
少ないと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ






posted by 宅建初心者 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

何年落ちを買うべきか

実際、何年前の参考書を買うべきか
ですが、私はネットでは年度が落ちると
とても価格が下がるので2年落ちが狙い目
だと思います。

たぶん安いと送料込みで500円ぐらいで
買えると思います。

しかし、古本屋では2年落ちも当年度も
同じ値段の場合が多いので、なるべく
新しい年度を探す方が良いと思います。

できれば、基本書は当年度を見つけたい
です。


良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ



ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

パーフェクト宅建の年落ちについて


パーフェクト宅建

パーフェクト宅建はとても詳しく
書かれた参考書です。

ほとんどの参考書は宅建試験によく
出題される部分に重点をおくため、
あまり出題されない部分は書かれて
いません。

しかし、パーフェクト宅建は宅建試験
に関係あるほぼすべてのことが書いて
あります。

そのため、パーフェクト宅建を完璧に
マスターすれば、ほぼ確実に合格できます。

ただ、実際は宅建試験にあまり出題
されない部分が多く書かれているだけ
でなく、難しく詳しく書かれているため
基本書として使うには、かなり心して
読まないと途中で挫折してしまいます。

しかし、解らないことを調べるのに
使用するにはとても役にたちます。

そのため、辞書のように使用するには
最新の正確な情報が書かれている必要
があります。

なので、パーフェクト宅建を辞書的に
使用する人には年落ちでは厳しいと
思います。


良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ






ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

過去問のおすすめ度について

基本書と同様に私が過去問を
すすめる基準は

・重要度が示されている

・難易度が示されている

・解説が詳しく解り易い

・問題数が多い

です。

まず、難易度ですがこれを
参考にすることで宅建試験
で後回しにする問題を決める
ことができます。

難しい問題を時間をかけて
考えるより、その時間で簡単な
問題を多く解いた方が効率がよい
と思います。

次に、解説についてですが
私にとって過去問は第2の基本書
であり、答えだけを覚えるのに
使用するのではないので解説は
とても重要です。

最後に、問題数ですが宅建試験は
過去問に似た問題が多く出題
されています。

このため、私は多くの過去問をマスター
することで宅建試験に合格できると
考えています。

これで以上ですが、ここで書いたことは
あくまで私の考えです。

基本書の時も書きましたが、人それぞれ
に考えがあると思うので自分に合った過去問
を選びましょう。

ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

基本書のおすすめ度について

私がブログに載せているおすすめ度ですが
あくまで私の考えであってそれぞれの参考書
にメリットとデメリットがある通り、人それぞれ
だと思います。

私が参考書をすすめる基準としては、

・よくまとまっている

・内容を絞っている

・読みやすい内容である

・語呂合わせがある

・字が大きい

・重要度が示されている

・解り易い言葉で書いてある

があります。

なので、完璧派の人は逆に
考えて頂ければと思います。

どちらも一長一短があるので
自分に合った参考書を選びましょう。
ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ポイント派と完璧派

私が考える参考書の選び方ですが、
無駄な知識を省いて、試験の重要
ポイントだけに絞るポイント派と
試験範囲を完璧に把握してどこが
出題されても対応できる完璧派に
分かれると思います。

私はポイント派なのでらくらくや
楽学のおすすめ度が高いですが、
人によってはパーフェクトのように
完璧派に向いている人もいると思います。

これは、人によって違うと思うので
私が示したおすすめ度はあくまで
参考程度にして頂ければと思います。

実際、どちらでも合格できると思います。

ただ、やはりメリット・デメリットが
あり、まずポイント派は、

<メリット>

・勉強することが少ない

・覚えやすい

・集中しやすい

<デメリット>

・まれに山がはずれると落ちる

・参考書だけでは応用問題に対応
 できない

があります。

次に、完璧派ですが

<メリット>

・自信になる

・しっかり最後までやり遂げると
 高い確率で合格できる

・応用問題に対応できる

<デメリット>

・集中力が続かない

・混乱しやすい

・時間がかかる

があります。

どちらも一長一短がありますので
自分に合った参考書を選びましょう!!
ラベル:参考書
posted by 宅建初心者 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書の選び方のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。