2008年12月26日

宅建に合格するには何を準備すればよいか

今、宅建資格に関する本(参考書、過去問等)
は数多く売られていますが実際、独学で
合格を目指すために何を準備すればよいか
考えてみました。

まず、参考書(基本書)は必ず必要です。
これによって知識のほとんどをつける
ことになります。

次に、過去問も必要です。

宅建試験はほとんど毎年似た問題が
出題されてますので過去問を完璧に
解ければ合格できる可能性が高く
なります。

2008年は出題形式が大きく変わった
と言われてますが、それでも私は
過去問を解いたおかげで対応でき
ました。

さらに、5回版ぐらいの模試もあった
ほうがよいと思います。

模試は、時間配分、統計問題、法改正
の確認をするのに適しています。

以上の3種類が私は必要だと思います。

また、はじめて宅建を勉強したいと
思う人は入門書を、電車等での確認や
ポイントの確認用には要点整理集の
ように必要に応じて用意してもよい
と思います。

ちなみに私は、入門書(マンガ)、
参考書、過去問、模試を用意しました。

電車等では少し大きかったですが参考書
で勉強しました。

このブログを見て頂いてる方は年落ち本
(古本)で考えていると思うのでほんとに
価格を抑えたいと思う人は参考書、過去問、
模試の3種類でよいと思いますし、年落ち本
(古本)なので価格が安いからと考える人は
要点整理集や入門書を用意してもよいと
思います。
posted by 宅建初心者 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建合格に必要な物リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。