2009年03月03日

参考書よりは

宅建の過去問は宅建の参考書よりは
重要ではないと思います。

理由としては、問題は過去問なので
同じだからです。

もちろん、詳しい解説や難易度が
示されている等、よい過去問の
条件はあります。

しかし、年落ちの参考書で勝負する
場合、参考書も過去問もよいのを
そろえるのはとても難しいです。

それであれば、参考書はよいのを
買って過去問はちょっと見て特に
問題なければよいと思います。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
タグ:過去問
posted by 宅建初心者 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

どういう過去問が良いか

宅建の過去問で大事なのは
問題数が多いことです。

宅建試験のほとんどの問題が
過去問と一緒か似ているから
です。

では、年落ちの過去問で大事
なことはやはり問題数が多い
ことですが、統計等当年度の
参考にならない問題がないほう
がよいです。

特に、1冊にまとまっている
過去問ではただでさえ問題数
が少ないうえにそのような問題
があるとさらに少なくなって
しまうので注意しましょう。

良ければクリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ



タグ:過去問
posted by 宅建初心者 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

分野別と試験形式の比較

先日も書きましたが明日から1/4まで
実家に帰省しますので当ブログを休ませて
頂きます。

みなさまにはご迷惑をおかけして大変
申し訳ありません。


それでは本題ですが

過去問には分野別と試験形式の
2種類がありますが、どちらが
よいでしょうか!!

私は分野別をおすすめします。

過去問は私にとって第2の参考書なので
同じ分野の問題を何回も解いて解説で
確認して覚えるために必要です。

試験形式だと1つ1つ分野が分かれて
いるため、とても勉強しにくいです。

しかも、参考書を読んで最初に解く
のが試験形式だとほとんど解けないので
自信がなくなります。

それよりも、分野別過去問を解いた後に
模試をやることにより慣れることができ
て自信もつくためとても効率がよいでは
ないでしょうか。

しかも、後で確認したい部分も分野別
過去問のほうが探しやすいと思います。
posted by 宅建初心者 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。